単発式と連射式の脱毛器の違い - ムダ毛処理の方法は家庭用脱毛器での脱毛がおすすめ

単発式と連射式の脱毛器の違い

subpage01

脱毛サロンで使用する業務用脱毛機は日々進化しており、さまざまなメーカーが複数の種類の機械を販売しています。

最近最も注目を集めているのは、連射できるタイプの脱毛器です。
これまで一般的だった単発式の脱毛器とどう違うのか見ていきましょう。
連射式とは、続けて光を照射できるということです。1秒間に数発の照射が可能となっており、これまで長い時間を必要としていた全身脱毛を短い時間で終わらせることができるようになりました。連射式が可能な脱毛器にも複数の種類があり、機械や個人の毛量、体格などによっても異なりますが、全身脱毛が30分〜1時間程度で終わります。
単発式の場合は、一回の施術に数時間かかることも稀ではなく、そのためサロンによっては全身の施術を2回に分けて、つまり2日かけて行うこともありますので、いかに連射式が早いかがわかります。


1人当たりの施術が短時間で終わるため、1日に受け付けられるお客さまの数も多くなり、サロンの予約も取りやすくなっています。


ただし、これまでの単発式と同じような出力で連射すると、それだけ肌ダメージが強くなるため、連射式機器は出力自体は低めになっているのが一般的です。


そのため、肌に優しく痛みも少ないのですが、効果が薄いとする意見もあります。


1回あたりの施術時間は長くなっても構わないので施術を受けるからにはしっかり効果があるほうがいいという人は、連射式ではなく単発式の機器を導入しているサロンの方が向いているでしょう。