脱毛器のさまざまな種類と特性

subpage01

脱毛サロンは数多く存在し、導入している脱毛器はサロンによって異なります。

脱毛器による脱毛効果自体には大きな差はあまりないと言えますが、施術時の痛みやスピード、美容効果などの付加価値は脱毛器によって異なります。それではどのようなちがいがあるでしょうか。幅広く導入されているのが、メラニン色素に反応する光を利用して毛根を弱らせ、脱毛を促すマシンです。これは施術時にゴムではじかれたような痛みがあると言われています。

また毛ではなく肌のメラニン色素に反応してしまい、痛みが起きることも。
そのため施術前に冷却ジェルを塗布するといったことが行われていましたが、最近の機器は冷却装置がついていて肌を冷やしながら施術することで痛みを軽減してます。

また、冷却ジェルではなく、抑毛効果のある特殊なジェルを塗布して毛根まで浸透させ、照射した光に反応したジェルが抑毛効果を発揮するという方式の脱毛器もあります。肌の刺激が少なく、あまり痛みがありません。

ジェルには美肌効果もあります。

最新の脱毛法として注目を集め、導入しているサロンが増えているのがSHR方式の脱毛器です。これは蓄熱式と呼ばれる脱毛方式で、光は毛根ではなくバルジ領域という部位に働きかけます。

このバルジ領域とは、発毛を促す働きをする領域で、ここにダメージを与えることで抑毛効果を得る方法です。


穏やかな熱を連射して当て、じんわりとダメージを蓄積させるという方法ですので、痛みが少なく、また施術時間が短いというメリットがあります。

光にはエステサロンで行われているフォトフェイシャルのような効果があり、黒ずみの解消やしわ、シミの改善が期待できます。